更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2011年03月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

回文短歌・春その28 『花の雨』

春の季語

2011.03.08

 『花の雨』 花の雨 多彩な傘と 戸に印 二度と咲かない 定めあの菜は(はなのあめ たさいなかさと とにしるし にどとさかない さだめあのなは)→季語は花の雨。彼の住む部屋のチャイムを鳴らせど、誰も出ない。濡れた傘を戸に立てかけ、別れの伝言を残す女子。部屋のプランターには育ちかけのハーブがあるけど、無精な彼はきっと世話をしないだろう。「ごめんね」と呟き、傘を残して雨の中に飛び出す彼女。濡れた頬は雨のせい...全文を読む

前月     2011年03月       翌月

Menu

プロフィール

たたみ@回文師

Author:たたみ@回文師
たたみ@回文師です。
細々と回文短歌詠んでます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。