更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2011年03月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

回文短歌・冬その1 『冬霞』

冬の季語

2011.03.10

  妻転移 冬霞耐え 永き時 叶えた水が 湯布院で待つ(つまてんい ふゆがすみたえ ながきとき かなえたみずが ゆふいんでまつ)→カテゴリ埋めのため、一旦冬に行きます。季語は冬霞。ちと重たい内容になった。冬霞=冷たく先の見えない日々と解釈。ガンで余命うん年と言われてしまった奥さんのため、八方手を尽くした結果、「湯治で長生きしたわよオホホホ」なんて噂を聞きつけ、湯布院に夢を託す旦那の愛……民間療法は、一歩間...全文を読む

回文短歌・夏その1 『負け戦』

夏の季語

2011.03.10

 Photo by (c)P-COMM.NET しんがりか 夏草陽だまり 知将予し 散りまた秘策 繋がり感じ(しんかりか なつくさひだまり ちしようよし ちりまたひさく つながりかんじ)→カテゴリ埋めのため一旦夏に飛びます。季語は夏草。戦国時代、負け戦のしんがりをつとめる少数精鋭部隊。だけどトップが優秀なので、いろんな作戦を考えては士気を活かして勝利目指す風に。『散り』を『地理』とどっちにするか迷った。散らばってゲリラ作戦...全文を読む

前月     2011年03月       翌月

Menu

プロフィール

たたみ@回文師

Author:たたみ@回文師
たたみ@回文師です。
細々と回文短歌詠んでます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。