更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2011年03月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

回文短歌・春その35 『吉野の君』

春の季語

2011.03.16

 『吉野の君』 花の匂う 子知る由縁に 縛るるは 死人へ赦し 乞う鬼の縄(はなのにおう こしるゆえんに しばるるは しにんへゆるし こうおにのなわ)→季語は、花匂う。こーして花=桜の季語にトライし続ける中、ずっと詠んでみたかった吉野の君……。『なんて素敵にジャパネスク』という、氷室冴子先生の少女小説に出てくるキャラなのですが、自分にとって思い出すと未だに涙腺が緩む存在です。「自分、ハゲ全然いけるな……」と再...全文を読む

回文短歌・春その33 『おにぎり』

春の季語

2011.03.16

 『おにぎり』 胃は強し 花月夜きて 下手な味を 皆耐えて虚偽 ツナはしょっぱい(いはつよし はなつきよきて へたなみを みなたえてきょぎ つなはしょっぱい)→ギャグ短歌。季語は花月夜。本気で花のバリエーションが尽きたため、今回はゴメンナサイ。うっかり思いついてしまった「ツナ」という言葉のおかげで、かぐや姫パロったラノベ回文に仕上がりました。ラノベによくあるキャラの、殺人的に料理下手なヒロイン(当然超美...全文を読む

前月     2011年03月       翌月

Menu

プロフィール

たたみ@回文師

Author:たたみ@回文師
たたみ@回文師です。
細々と回文短歌詠んでます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。