更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2011年04月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

回文短歌・春その65 『他人』

春の季語

2011.04.25

 『他人』 知らぬ眼なら 二日灸まだ 耐え支え 只舞う雪が つぶらな瞳濡らし(しらぬめなら ふつかきゅうまだ たえささえ ただまうゆきが つぶらなめぬらし)→季語は二日灸=良く効くお灸。寂しい日影な立場の女子が、お灸でせっせとデトックス作業して傷つく心を癒しつつ、「まだ大丈夫、まだ大丈夫」と何とか耐えてきた。ところが、街で彼にバッタリ会ったとき知らんぷりされ、思わず涙……うう。そんな男とは別れちまえッ! …...全文を読む

前月     2011年04月       翌月

Menu

プロフィール

たたみ@回文師

Author:たたみ@回文師
たたみ@回文師です。
細々と回文短歌詠んでます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。