更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 08

【  2011年07月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

回文短歌・夏その26 『同棲時代』

夏の季語

2011.07.30

 『同棲時代』 泳ぎたい 夏の朝借りた 古家は日々 逸る二人傘 あの繋いだ虚を(およぎたい なつのあさかりた ふるやはひび はやるふたりかさ あのつないだきょを)→回文短歌。季語は夏の朝。内容は、同棲中な若いカプル。スキ→ドキ→キスの三段活用(by林葉直子先生)によりあっさりくっついたものの、その後愛の巣である古家には雨漏りが。自由になりたいと思いながらも、どこか生き急ぐように恋するのは、終わりが見えている...全文を読む

回文短歌・夏その25 『短夜』

夏の季語

2011.07.29

 『短夜』 遠ざかる 長旅の眠る 短夜が 沁みる胸の灯 高鳴る風音(とおざかる ながたびのねむる みじかよが しみるむねのひ たかなるかざおと)→回文短歌。季語は短夜。「タンヤ」ぢゃなくて「ミヂカヨ」と読むところに、なんとも風情を感じますなぁ……。作品の内容は、船旅で好きな相手に会いに行く途中。眠りたいのに、ついドキドキして起きちゃうのん☆ しかしリアルに考えると、長い船旅とかありえん。オレ船酔いで死んでる...全文を読む

回文短歌・夏その24 『星見』

夏の季語

2011.07.28

 『星見』 夏至進み 思慕遠退くか 傷み詠み 大学ノオト 星見涼しげ(げしすすみ しぼとおのくか いたみよみ だいがくのおと ほしみすずしげ)→回文短歌。季語は夏至。学生の夏といえば恋!(キリッ ということで、内容的には文学少女の恋愛モノです。大学のサークル夏合宿で高原のペンションへ。でも片思いの彼は派手な女の子に囲まれていて、内気なあたしは近づけない……だからこの切ない想いを歌にのせて、遠い星空へ飛ばすの……...全文を読む

回文短歌・夏その23 『さくらんぼ』

夏の季語

2011.07.27

 『さくらんぼ』 齧るあの さくらんぼ結び 眠る夜 胸秘す謀反 楽座の主か(かじるあの さくらんぼむすび ねむるよる むねひすむほん らくざのあるじか)→回文短歌。季語はさくらんぼ。春の季語で「さくら」いっぱい使ったせいか、意外と難しいお題じゃった。内容的には、なんちゃって歴史物の愛憎劇です。ホントはさわやか甘酸っぱ恋愛系にしたかったのに……どーしてこーなった系。楽座の主の娘(さくらんぼちゃん)を強引に口...全文を読む

回文短歌・夏その22 『水中花』

夏の季語

2011.07.26

 『水中花』 与太ですら 水中花胸 閉じた襞 褥向かう湯 地位すら捨てた夜(よたですら すいちゅうかむね とじたひだ しとねむかうゆ ちいすらすてたよ)→回文短歌。季語は水中花。「これは熟女モノしかねえ!」と思ったら本当にエロくなったでござる……。内容的には、熟した男女が山奥の秘湯な温泉宿で、罪悪感やら背徳感に苛まれつつも、しっかりにゃんにゃんする話。これもラブ。あれもラブ。たぶんラブ。きっとラブ。(←著作...全文を読む

回文他その25 『フォー!』(アホ回文)

回文その他

2011.07.25

 『フォー!』 熱帯夜 果敢に行けと レザーをフォー! されど芸人 輝いた常(ねったいや かかんにいけと れざーをふぉー されどげいにん かがやいたつね)→回文短歌、季語熱帯夜……のボツ作品。先日テレビのパラパラ漫画企画で久々に見た彼に「……フォー。(´・┏Д┓・`)」な気分になった。良き父親としてがんがっているらしーので、柱の影からそっと応援しておりまする。しかし一発屋さんの人生って、真夏の夜の夢なのだろーなぁ。...全文を読む

回文短歌・夏その21 『熱帯夜』

夏の季語

2011.07.24

 『熱帯夜』  熱帯夜 捧げた身虚偽 「素敵、来て、好きよ、君だけ」、囁いた常(ねったいや ささげたみきょぎ すてききてすきよきみだけ ささやいたつね)→回文短歌。季語は熱帯夜。内容的には……解説するのもナンですが、妖艶な女豹ホステスさんの枕営業シチュ。ルームアムール……。オレはこーゆー漫画(女帝・嬢王系)を愛読しておりますが、枕ちゃんという意地悪キャラの存在は欠かせません。いわゆる『太い客』として出てくる...全文を読む

回文短歌・夏その20 『サングラス』

夏の季語

2011.07.23

 『サングラス』 君すら軍 去りて可否問う 掴む無我 つうと陽が照り サングラス見き(きみすらぐん さりてかひとう つかむむが つうとひがてり さんぐらすみき)→回文短歌。季語はサングラス。コレ難しかった。内容的には、腐った軍に所属する若者が、戦友離脱に何かを悟るの巻。サングラスを買ったのは、泣いた瞳をごまかすため。「頼む、行かないでくれ」「だったら、お前も一緒に行くか?」「……僕は行けない。この街には家...全文を読む

回文祭その10 第10回ツイッター回文祭は、生生しかった。

ツイッター回文祭

2011.07.23

 回文祭その10【2011.8.5】第11回ツイッター回文祭を告知。8月8(月)18:00~24:00です。詳細は記事の一番下をご覧ください。恒例のツイッター回文祭も10回目! 今回のお題係は、第9回主催のもがすさんから、回文界をにゃあにゃあ言わす(?)くろねこさんにバトンタッチ。 くろねこさんの考えられたお題は……orangkucing【第10回Twitter のお知らせ】開催時間になりましたね。どなたでも参加できます。お題はこの直後...全文を読む

回文他その24 『バレリーナ』(アホ回文)

回文その他

2011.07.22

 『バレリーナ』 いざ「萎えた、気負う」 そしたらカエラ並みに仕切りたがり屋な娘 朗らかないいパドゥドゥ飛んだよ 余談「TO-DO」とは言いながら過保護なやり方 力士に見習え 身体・思想を鍛えなさい(いざなえたきおう そしたらかえらなみにしきりたがりやなこ ほがらかないいぱどぅどぅとんだよ よだんとぅどぅとはいいながらかほごなやりかた りきしにみならえ からだしそうをきたえなさい)→第八回ツイッター回文祭に出...全文を読む

回文他その23 『ギャンブラー』(アホ回文)

回文その他

2011.07.16

 『ギャンブラー』 換金きたね 少ないインセンティブ ロトす 高いがでかいカタストロフィ伝染 いいな くすねた金銀か(かんきんきたね すくないいんせんてぃぶ ろとす たかいがでかいかたすとろふぃでんせん いいな くすねたきんぎんか)→第八回ツイッター回文祭に出した作品。『ィ』に挑戦。コレもすっごい難しかった。作品はなんとなくカイジ風な……ざわ、ざわ……な雰囲気に。ちょうど当時、アニメでは「沼……回る……揺れる……」...全文を読む

回文他その22 『ミズーリの絵師サン』(アホ回文)

回文その他

2011.07.12

 『ミズーリの絵師サン』 「駄目だな」 ネゴシエーター蹴り ファブリーズ見つけ吹いた 裸体不潔 ミズーリ・ファブリケーター絵師ごね宥めた(だめだな ねごしえーたーけり ふぁぶりーずみつけふいた らたいふけつ みずーりふぁぶりけーたーえしごねなだめた)→第八回ツイッター回文祭に出した作品。『っ』とか『ー』が意外と簡単と気付いたオレは、無謀にも『ァ』に挑戦。安易に挑戦したらメッサ難しかった。そしてありがとう...全文を読む

回文祭その9 第九回ツイッター回文祭の舞台は、キッチン!

ツイッター回文祭

2011.07.12

 回文祭その9【2011.7.14】第10回ツイッター回文祭を告知。7月22(金)18:00~24:00です。詳細は記事の一番下をご覧ください。恒例のツイッター回文祭も9回目! 今回のお題係は、第八回主催のただのすけさんから、ボーリングの穴……ではなく、柴犬こと(?)もがすさんにバトンタッチ。 回文活動にも真摯な紳士・もがすさんの考えられたお題は……mogatin7/8 14:00【開始宣言】お待たせ致しました――っ! お約束の14...全文を読む

回文他その21 『ど根性野菜(カブ)』(アホ回文)

回文その他

2011.07.08

 『ど根性野菜(カブ)』 尊ぶカブ採った(たっとぶかぶとった)→第八回ツイッター回文祭に出した作品。とりあえず『っ』を使ってみよーと思って、テキトーに作ったけど、意外とじわじわくるw いわゆる『ど根性野菜』ってヤツです。オレはあの手のほのぼのニュースが大好物で、つい「生放送に乱入してアレ引っこ抜いたらどーなるかな……腐腐」と、イケナイ妄想をしてしまいます。根っからのチキンなので、常に妄想止まりの小物で...全文を読む

回文他その20 『ハッとしてグゥ☆』(アホ回文)

回文その他

2011.07.07

 『ハッとしてグゥ☆』 ハッとしてグッときて、敵と告ぐ、弟子突破(はっとしてぐっときて てきとつぐ でしとっぱ)→第八回ツイッター回文祭に出した作品。ルールは『っ、ゃ』などの小さい字&『ー』を一組以上使うことでした。まずはジャブで『ッ』一個だけ。その時ちょうど日テレ視聴中で、懐かしの名曲特集をやってたのです。流れてきたトシちゃんの『ハッとしてグゥ』を引っくり返してみただけという手抜き作品でメンゴ☆ 『と...全文を読む

回文他その19 『白靴と縞パン』(ラノベ風回文)

回文その他

2011.07.06

 『白靴と縞パン』 まだあるか? 白靴と縞パン 買おうと死闘 おかんはマジどつく ロジカル頭(まだあるか しろくつとしまぱん かおうとしとう おかんまじどつく ろじかるあたま)→回文短歌崩れ。季語は白靴。全く意味不明だけど、ラノベ的に面白いのでヨシ。どんな窮地でもロジカルな発想ができる、賢いのにロリ妹ラブな残念系主人公でつ。おかんは当然二十代前半にしか見えない美女。ファンタジー設定にして、白靴と縞パンは...全文を読む

回文短歌・夏その19 『遺稿』

夏の季語

2011.07.05

 『遺稿』 釣忍 今朝眠ったひと 遺稿問う 恋い飛び立つ胸 叫ぶの知りつ(つりしのぶ けさねむったひと いこうとう こいとびたつむね さけぶのしりつ)→回文短歌。季語は釣忍。釣忍ってブツは見たことあったけど、名前を初めて知りました。なんか夏っぽくてオツですな。内容的には、作家の恋人に自殺で先立たれるも、気丈に振る舞う彼女シチュ。「どうして死んでしまったの?」と叫びたい気持ちをグッと堪えて、彼の遺稿を読む...全文を読む

回文短歌・夏その18 『夏風邪』

夏の季語

2011.07.03

 『夏風邪』 埋まる蒲団 扇風機示唆 病母 今優しき雨 奮然と振る舞う(うまるふとん せんぷうきしさ やまいはは いまやさしきう ふんぜんとふるまう)→回文短歌。季語は扇風機。これも難しいお題であった。夏の季語は皆けっこう癖がある気が……。だって『せんふうき』→『きうふんせ』なら『好「き。うふん♪ せ」っ○すしよ☆』しか思いつかないし。← えー、今回の内容は、夏風邪ひいたおかんが気丈に振る舞うも、蒲団と止まった...全文を読む

回文短歌・夏その17 『夏蒲団』

夏の季語

2011.07.02

 『夏蒲団』 泣かんとぶつ 泣くと蹴飛ばす 孫母子 まずは退けとく 夏蒲団かな(なかんとぶつ なくとけとばす まごははこ まずはどけとく なつぶとんかな)→回文短歌。季語は夏蒲団。これ難しかったー。裏返すと「なつふとん」→「んとふつな」なので、あとは『渡仏』くらいしか(言い訳略 苦戦したとはいえ、どことなく勢いのある作品になりました。内容的には、田舎のひいおばあちゃんが、孫と曾孫の喧嘩を見守るシチュ。泣く...全文を読む

回文短歌・夏その16 『清き土佐』

夏の季語

2011.07.01

 『清き土佐』 遠波の 北里忌過ぎる 寂しさ沁み 去る清き土佐 滝の水音(とおなみの きたざときよぎる さみしさしみ さるきよきとさ たきのみなおと)→回文短歌。季語は北里忌。そんな季語があったとは知らず……まあ使いにく過ぎて、全然関係ない感じに仕上がりました。細菌とかペストとか入れても、あんまり美しく無いしねぇ。← 内容的には、北里氏ゆかりの人物が、故人を偲んで土佐で過ごすシチュにしてみました。あっさりシ...全文を読む

前月     2011年07月       翌月

Menu

プロフィール

Author:たたみ@回文師
たたみ@回文師です。
細々と回文短歌詠んでます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。