更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 08

【  2011年07月  】 

回文短歌・夏その26 『同棲時代』

夏の季語

2011.07.30

 『同棲時代』 泳ぎたい 夏の朝借りた 古家は日々 逸る二人傘 あの繋いだ虚を(およぎたい なつのあさかりた ふるやはひび はやるふたりかさ あのつないだきょを)→回文短歌。季語は夏の朝。内容は、同棲中な若いカプル。スキ→ドキ→キスの三段活用(by林葉直子先生)によりあっさりくっついたものの、その後愛の巣である古家には雨漏りが。自由になりたいと思いながらも、どこか生き急ぐように恋するのは、終わりが見えている...全文を読む

前月     2011年07月       翌月

Menu

プロフィール

たたみ@回文師

Author:たたみ@回文師
たたみ@回文師です。
細々と回文短歌詠んでます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR