更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 09

【  2011年08月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

寄稿作その21 歴史回文『昼飯を』

寄稿いただいた作品

2011.08.17

 『昼飯を』 「昼飯を」 斧と武官。生還言いつけ指南、果敢な死決意。殷開戦。兜の緒を締める日。(ひるめしを おのとぶかん せいかんいいつけしなん かかんなしけつい いんかいせん かぶとのおをしめるひ)解説:殷王朝末期。 周との戦いを前に決死の覚悟を固めた一人の武官が、部下たちと共に最期の戦場へと赴きます。→ただのすけ師匠より、9作目の寄稿です。今回はオレ好みの歴史物キター! と一目惚れして一本釣りいたしまし...全文を読む

寄稿作その20 回文短歌『Kiss me!』(仮)

寄稿いただいた作品

2011.08.16

 『Kiss me!』(仮) 水着着て 姿見せるの いいよ今宵 祈る背見たか 素敵Kiss me!(みずぎきて すがたみせるの いいよこよい いのるせみたか すてききすみー)解説:久々の季語入り回文短歌。水着姿、彼は気に入ってくれるかな? 今夜はいいよ、素敵なキスしてって祈ってるから!→モノカキ仲間&美麗イラストを描かれるマルチクリエイター・庵さんから、10作目の寄稿。とても夏らしい作品で(中略)ハートをWASH!(by永...全文を読む

回文短歌・夏その29 『夏至』

夏の季語

2011.08.12

 『夏至』 夏至の便り 途絶え潮風 凪ぐ故国 何故か教えた 鳥よ楽しげ(げしのたより とだえしおかぜ なぐここく なぜかおしえた とりよたのしげ)→回文短歌。季語は夏至。NHKのお題で考えてたけどボツにしたやつ。内容は、異国に渡って伝書鳩で連絡取る謎の人物……毎年夏至の頃に来てたお手紙が、今年は届かない。何があったのかと海を眺めて思案するも、応えはなく穏やかに凪ぐばかり。そんな虚しい気持ちを、楽しげな鳥と...全文を読む

回文祭その11 第11回ツイッター回文祭は、ゾロゾロ……。

ツイッター回文祭

2011.08.10

 回文祭その11【2011.8.14】第12回ツイッター回文祭を告知。8月22(月)18:00~24:00です。詳細は記事の一番下をご覧ください。恒例のツイッター回文祭も11回目! 今回のお題係は、第10回主催のくろねこさんから、知的回文量産マシーン(?)くわーにゃさんにバトンタッチ。 考えられたお題は……t_kuwanyaお題発表!「同じ音の連続を含む単語」(午後、事実、欠かす、唯々諾々など)を一つ以上使って回文を作ってください...全文を読む

回文短歌・夏その28 『愚者』

夏の季語

2011.08.02

 『愚者』 吊りて愚者 青田風凪ぎ 掴む無我 月何故か田を 妖しく照りつ(つりてぐしゃ あおたかぜなぎ つかむむが つきなぜかたを あやしくてりつ)→回文短歌。季語は青田風。夏の季語は本当に難かしいのら……。内容は、ハングドマンの和風バージョン。うっかり捕われて、庭の木に逆さまに吊るされた忍者イメージで。ちなみにスタンドはry オレ、タロットカード持ってるのですが、ハングドマンはけっこう好きなカードでつ。好...全文を読む

回文短歌・夏その27 『号泣』

夏の季語

2011.08.01

 『号泣』 泣かず見てる 不安に怠惰 目つき飽き 冷たい他人 溢る出水かな(なかずみてる ふあんにたいだ めつきあき つめたいたにん あふるでみずかな)→回文短歌。季語は出水。内容は、出水=号泣と解釈し、自然消滅をはかられた女の子の失恋を詠んでみました。街かどで彼氏にパッタリ出会ったら、知らない女子とキャッキャしてた。最初は泣かないでぢーっと見てて、向こうがこっちに気付いて一瞬きょどったけど、結局プイッ...全文を読む

前月     2011年08月       翌月

Menu

プロフィール

たたみ@回文師

Author:たたみ@回文師
たたみ@回文師です。
細々と回文短歌詠んでます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。