更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 081234567891011121314151617181920212223242526272829302011 10

【  2011年09月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

回文短歌・秋その3 『夜長』

秋の季語

2011.09.30

 『夜長』 仮名読む子 奇跡を待つと きつく抱く 「月」と妻起き 咳込む夜長(かなよむこ きせきをまつと きつくだく つきとつまおき せきこむよなが) →回文短歌。季語は夜長。これはかなり使いやすいお題だった。内容は、また切ないお別れシチュエーションです。幼い我が子と余命僅かな妻、奇跡を信じて見守る旦那……子どもがすくすくと成長していく傍らで、旦那は奥さんを抱きしめることしかできない。奥さんも苦しいのを我慢...全文を読む

前月     2011年09月       翌月

Menu

プロフィール

たたみ@回文師

Author:たたみ@回文師
たたみ@回文師です。
細々と回文短歌詠んでます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。