更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 01

【  2011年12月  】 

回文祭その17 第17回ツイッター回文祭は、カイブンブン!

ツイッター回文祭

2011.12.23

 回文祭その17【2011.12.28】第18回ツイッター回文祭を告知。1月13日(金)13時11分~です。詳細は記事の一番下をご覧ください。恒例のツイッター回文祭も17回目! 今回のお題係は、第16回主催の赤川さんから、小粋な回文屋の女将・たたみさん(オレ)にバトンタッチ。 たたみさん(オレ)の考えられたお題は……aqaqaquaAQ・AQUA たたみ@回文魔術師 12/21 18:00では本日のお題発表☆ 回文の日にちなんで、お題はズバ...全文を読む

寄稿作その24 回文俳句『狐火』

寄稿いただいた作品

2011.12.08

 『狐火』 狐火の 遠の炎と 伸び寝つき(きつねびの とおのほのおと のびねつき)解説:遠い闇の向こうに灯る明かりを見つけて→ただのすけ師匠より、12作目の寄稿です。今回は珍しく回文俳句(川柳?)、しかも完全回文という高度なテクを使われておりまする。この作品を見て浮かんできたのは、空気がキレイなド田舎の夜景。電気も通ってないような時代で、子どもたちは暗くなるとすぐお布団に入る……そんなほのぼの系イメージ...全文を読む

回文詩その22 『フォレストシンガーズ回文』(贈答品)

回文詩

2011.12.06

 贈答品につきタイトル&イラストは省略……『フォレストシンガーズ回文』歌慕うもぎ取るな快楽 解けた儚い恋が逃げ嘆く夜もっと傷みを活かせ 詩人が讃え恋よりも遠く響く音 森よ憩えただ感じし世界を見たいと積もる欲健気苦い恋半ば だけど僕ら如何なる時も歌慕う(うたしたうもぎとるなかいらく ほどけたはかないこいがにげなげくよるもっといたみをいかせ しじんがたたえこいよりもとおくひびくおと もりよいこえただかんじし...全文を読む

前月     2011年12月       翌月

Menu

プロフィール

たたみ@回文師

Author:たたみ@回文師
たたみ@回文師です。
細々と回文短歌詠んでます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR