スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←寄稿作その16 回文短歌『夜明け』 →回文短歌・春その54 『花魁』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【寄稿作その16 回文短歌『夜明け』】へ  【回文短歌・春その54 『花魁』】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その53 『隠密』

 ←寄稿作その16 回文短歌『夜明け』 →回文短歌・春その54 『花魁』
短歌春53
Photo by (c)onigiri-kun

『隠密』

 嘘流布し 下萌える草 見つかるか 罪探る絵も 出し渋る僧
(うそるふし したもえるくさ みつかるか つみかぐるえも だししぶるそう)

→季語は下萌える。撒いた嘘が密やかに芽吹き、一枚の絵が真実を浮かび上がらせる……的なスパイ物で。お坊さんは黒幕というより中ボスくらいなので、全体のスケールはあまり大きくない感じになった。前半はカコイク仕上がったんだけどナー。これ、けっこう癖のあるお題で難しかった。あと、萌え=萌え(キュン☆)と脊髄反射で思ってしまいがちですが、草が芽吹いてきたって意味なんだぬ。しかも『下萌え』と言われたら、シモネタ萌え……「べ、別にそんなこと考えてないんだからねッ!」……なんて、アキバニアンジョーク。てへっ☆(*回┏ω┓回*)ゞ

【季語】下萌え(三省堂 大辞林より引用)
したもえ 0 【下▼萌え】
春になって、いつの間にか草の芽が生い出ること。また、その芽。草萌え。[季]春。《―や土の裂目の物の色/太祇》

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

<コメント大歓迎>
一言「読んだよ」でも残していただけると、作者感激してお返事書きます。各作品下のコメント欄か『BBS』もしくは『メールフォーム』へどうぞ。(WEB拍手&ツイッターつぶやきも歓迎)
※作者のプライベートにご興味があるという奇特な方は、日常ブログ『AQの小説裏話&ひとりごと』へ遠慮なく乱入してくださいませ。

アルファポリスへ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【寄稿作その16 回文短歌『夜明け』】へ  【回文短歌・春その54 『花魁』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【寄稿作その16 回文短歌『夜明け』】へ
  • 【回文短歌・春その54 『花魁』】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。