「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その55 『雉も鳴かずば』

 ←回文短歌・春その54 『花魁』 →回文短歌・春その56 『恋に落ちて』
短歌春55
Photo by (c)coniferconifer

『雉も鳴かずば』

 嘘罪か 誰も軽口 憂しき虚偽 雉打来るが 漏れたか密葬
(うそつみか だれもかるくち うしききょぎ きじうちくるが もれたかみっそう)

→季語は雉打。「雉も鳴かずば撃たれまい」という、なんとも日本的なヤラしい言葉と、ちょうどそのとき見てた池上ニュースのロシアの暗殺映像が重なってこんな感じに。「怖いことなんて何も起こってないよ?」と皆嘘を言ってて、そんな世界がオカシイと声を上げようとする人物が現れても、密告により撃たれてしまう……そんなプチ時事系短歌。そのテレビによると、ロシアの新聞記者さんって年に三人くらい暗殺されてるんだって。それが日常だから市民も動じないらしい。これって日本の地震と似てるのかも。異常事態をクールに受け入れるのは大事だけど、心が麻痺しちゃイカンなーと、たまにはマヂメなことを考えてみる……。

※最後「密造」→「密葬」に変えました。上記ロシアと同じく中国特集もしてて、そっちのイメージ(密告)も入ってたのです。となると、武器密造して反乱起こすというより、宗教イデオロギー的(指導者の葬儀に集まる)な方がマッチするかなーと……細かいケドこだわりマッスル!


※季語『雉打ち』は辞書に出ていないマニアックな言葉のようです。季語サイトによると、意味的には『雉笛』と同じで、狩りで雉を打つことらしい。

【季語】雉笛(三省堂 大辞林より引用)
きじぶえ 0 3 【▼雉笛】
狩人がキジを誘い出すために吹く笛。キジの鳴き声に似た音が出る。[季]春。

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その54 『花魁』】へ  【回文短歌・春その56 『恋に落ちて』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・春その54 『花魁』】へ
  • 【回文短歌・春その56 『恋に落ちて』】へ