スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文短歌・春その52 『雨乞い』 →回文短歌・春その53 『隠密』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その52 『雨乞い』】へ  【回文短歌・春その53 『隠密』】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

寄稿いただいた作品

寄稿作その16 回文短歌『夜明け』

 ←回文短歌・春その52 『雨乞い』 →回文短歌・春その53 『隠密』
寄稿回文16
Photo by (c)Yellow Snow Photography

『夜明け』

 さめざめと 夜泣き男の 子よ泣くな 横の子と起きな 余と目覚めさ
(さめざめと よなきおとこの こよなくな よこのことおきな よとめざめさ)

解説:城を焼かれ落ち延びた武将の一団が、山中の荒れた古寺に隠れ潜んだ。押し殺した嘆きが本堂に漏れる中、御家再興を託された、亡き主君の幼い息子は、家臣の子らに泣くなと語りかける。やがて空が白み、野山の向こうが朝焼けに染まった。

→ただのすけ師匠より、5作目の寄稿です。前作の土佐娘に続き、時代物風な作品をいただきました。『さめざめ~めざめさ』は回文的に美しいテンプレですな。しかし、イマドキのラノベの主人公(男の娘含む)と比べて、戦国時代あたりの少年たちは皆立派に思えるラノベ界どっぷりなオレ。いたいけな男の子が、涙を堪えて「泣くな」と叱咤激励するシーンなんて……萌え……(ぇ そうだ、きっと彼らの逃げ伸びた先が土佐で、例の隠れ里を作るのだ! つまりこの子は少年時代の若長……萌え……(ぇ

◎ただのすけ様のサイトはこちら。つ『ただのすけの空想庭園

→ 【次の作品へ
→ 【寄稿作一覧へ

関連記事



もくじ   3kaku_s_L.png   寄稿いただいた作品
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その52 『雨乞い』】へ  【回文短歌・春その53 『隠密』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・春その52 『雨乞い』】へ
  • 【回文短歌・春その53 『隠密』】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。