スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文短歌・春その64 『桜花』 →回文詩その11 『神の鎖』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その64 『桜花』】へ  【回文詩その11 『神の鎖』】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

回文詩

回文詩その10 『最後の恋』

 ←回文短歌・春その64 『桜花』 →回文詩その11 『神の鎖』
回文詩10
Photo by (c)mrhayata

『最後の恋』

 キス
 解けた手掴み
 「今日はガラスみたいな瞳」とおどける

 珈琲沁み
 最後の恋も
 桜花散り

 誓う想い
 この恋寂しい日

 怒るけど乙女
 泣いた身すら庇うよ
 君勝手だけど好き。

(きす とけたてつかみ きょうはがらすみたいなめとおどける こおひいしみ さいごのこいも おうかちり ちかうおもい このこいさみしいひ おこるけどおとめ ないたみすらかばうよ きみかってだけどすき)

→第三回ツイッター回文祭で作った回文詩。お題『桜花』で『散る』とかくっつけたら、やっぱ恋愛モノでしょう! と、オレの乙女力が発揮された一作に。相手の男子は小説にしか出てこないよーな軟弱イケメソ。気まぐれにチューしてきて、甘い言葉で繋ぎとめられて、どーしても離れられない女子。松本伊代チャンの『Last Kissは頬にして』を思い出しますな……(←昭和スキ― あと「ガラスみたいな瞳」という描写は小説の方で良く使いますが、リアルにこんなこと言う男がいたらゾゾゾってする。まあ「時が止まればいいね」(by小野正利)には負けるけどなw

→ 【次の作品へ
→ 【回文詩作品一覧へ

関連記事



もくじ   3kaku_s_L.png   回文詩
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その64 『桜花』】へ  【回文詩その11 『神の鎖』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・春その64 『桜花』】へ
  • 【回文詩その11 『神の鎖』】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。