スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文短歌・秋その1 『樫の実』 →回文短歌・春その2 『伝言』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・秋その1 『樫の実』】へ  【回文短歌・春その2 『伝言』】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その1 『望郷』

 ←回文短歌・秋その1 『樫の実』 →回文短歌・春その2 『伝言』
短歌春1

『望郷』

 動かない 飛ぶべき鳥を 看取る春 富澱と消へ ふと田舎恋う
(うごかない とぶべきとりを みとるはる とみおりときへ ふといなかこう)

→記念すべき回文短歌二作目。一旗あげようと上京した若者が事業失敗の巻。どーしてこーなった〜。オレも飛べない鳥ピヨピヨ。Uターンしてヒキコモリたいでつ。← ……という冗談はさておき、回文の妙は、想定外の単語や造語が生まれるところです。この作品の場合『富澱と消へ』がそうですね。ピカピカのお金が、ずぶずぶと暗く落ちていく感じになりました。ちなみに『消え』とどっちがいいか、いまだに迷う……ピヨピヨ。

【季語】春(ウィキペディアより引用)
言葉としては正月を新春というように、現在の感覚的には冬の事象にも使われる事がある。旧暦では一月は春となるためであろう。その関わりもあって、春という言葉には「物事の始まり、新年の始まり」の意味を持たせる場合がある。

また、春から初夏にかけてを木の芽時とも言い、性的活動が盛んになるものとされている。「春にはおかしな行動をとる人が増える」とも言われ、そのような行動をとるものは俗に「春な人」「頭が春な人」と呼ばれることがある。不思議の国のアリスには、「三月ウサギ」が頭のおかしいものとして登場する。

他にも春(しゅん)と言った場合には、性的なことを示す場合が多く、たとえば春画・売買春・思春期などの語がある。

枕詞は「あづさゆみ」。「弓を張る(はる)」にかけた。

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

<コメント大歓迎>
一言「読んだよ」でも残していただけると、作者感激してお返事書きます。各作品下のコメント欄か『BBS』もしくは『メールフォーム』へどうぞ。(WEB拍手&ツイッターつぶやきも歓迎)
※作者のプライベートにご興味があるという奇特な方は、日常ブログ『AQの小説裏話&ひとりごと』へ遠慮なく乱入してくださいませ。

アルファポリスへ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・秋その1 『樫の実』】へ  【回文短歌・春その2 『伝言』】へ
   

~ Comment ~

NoTitle 

初めてお邪魔致しました(^^ゞ
素晴らしいですね・・・・回文短歌なんておいらには一首も詠めないです。こりゃやべぇ(;^_^A

NoTitle 

>こりゃ弥平(やべぇ)さま

ご訪問ありがとうございます☆
お褒めいただき光栄……えへ。(*回┏Д┓回*)ゞ
でも普通の短歌は全く詠めないという、特殊能力(?)の持ち主であります。
こりゃさんちににも遊びに行かせていただきますね♪

※なぜかお返事がエラーになってしまう……再チャレンジ!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・秋その1 『樫の実』】へ
  • 【回文短歌・春その2 『伝言』】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。