スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文短歌・春その76 『啓蟄』 →回文短歌・春その78 『追悼』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その76 『啓蟄』】へ  【回文短歌・春その78 『追悼』】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その77 『お雛さま』

 ←回文短歌・春その76 『啓蟄』 →回文短歌・春その78 『追悼』
短歌春77
Photo by (c) taroplus

『お雛さま』

 なびく髪 目緩みし我が子 ねだるカルタ 猫かわし見る 夢磨く雛
(なびくかみ めゆるみしわがこ ねだるかるた ねこかわしみる ゆめみがくひな)

→季語は雛。お雛様と少女と猫のいる、幸せな昭和のひとときをイメージ。娘の長く伸ばした黒髪を、丁寧に櫛で梳いてあげるお母さん。午前中に飾っておいた可愛いお雛様を前に、終始笑顔の娘が「ねぇ、カルタしよー」とおねだりする。すると、うたた寝していた猫がウーンと伸びをして、お雛様を隠してしまった。「ちょっとどいて」と声をかけるも知らんぷり……しょうがなく自分が場所移動してあげる。なんてリア充! 『夢磨く雛』という表現もまた、なんとも回文的でいい塩梅になりました。そして字余り&季重なりはスルーで……。※ちなみにカルタは『新年』の季語でした。いいぢゃん、ひな祭りにカルタで遊んだってさー。(*回┏*┓回*)ブーインブー

【季語】雛(三省堂 大辞林より引用)
ひな 【▼雛】
1 (名)

(1)卵からかえったばかりの鳥。ひよこ。ひなどり。
(2)「雛人形」に同じ。[季]春。《たらちねの抓までありや―の鼻/蕪村》
(接頭)
名詞に付いて、小さい、愛らしいなどの意を表す。
「―菊」

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その76 『啓蟄』】へ  【回文短歌・春その78 『追悼』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・春その76 『啓蟄』】へ
  • 【回文短歌・春その78 『追悼』】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。