スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文詩その15 『彼の星や』 →回文歌その5 『死す日』(回文七行歌)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文詩その15 『彼の星や』】へ  【回文歌その5 『死す日』(回文七行歌)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

回文詩

回文詩その16 『煙草の香』

 ←回文詩その15 『彼の星や』 →回文歌その5 『死す日』(回文七行歌)
回文詩16

『煙草の香』

 彼の娘
 破綻し身

 初恋も
 頤探すな指先

 好きさ
 比喩為すが

 罪かと思い
 木端微塵
 煙草の香

(かのこ はたんしみ はつこいも おとがいさがすなゆびさき すきさ ひゆなすが ざいかとおもい こっぱみじん たばこのか)

→第六回ツイッター回文祭の後夜祭に出した回文詩。身体の部位を二ヶ所分使うというお題で、あまり見かけない珍しい言葉を使いたいなーと思って『頤(おとがい)』をチョイス。まだ幼さを残す少女が、煙草を吸う大人な彼の頤(したあご)の髭を撫でる。そうして精一杯背伸びするものの、どこか背徳感に苛まれる心が少女を失恋へと導いていくのだった……と、ちょっちシュールな恋愛モノになりました。ヤンキー的な初恋ですな。

→ 【次の作品へ
→ 【回文詩作品一覧へ

関連記事



もくじ   3kaku_s_L.png   回文詩
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文詩その15 『彼の星や』】へ  【回文歌その5 『死す日』(回文七行歌)】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文詩その15 『彼の星や』】へ
  • 【回文歌その5 『死す日』(回文七行歌)】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。