スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文短歌・夏その3 『出征』 →回文祭その7 第七回ツイッター回文祭は、んんんんんー?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・夏その3 『出征』】へ  【回文祭その7 第七回ツイッター回文祭は、んんんんんー?】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

「回文短歌」
夏の季語

回文短歌・夏その4 『墜ちる』

 ←回文短歌・夏その3 『出征』 →回文祭その7 第七回ツイッター回文祭は、んんんんんー?
短歌夏4
Photo by (c)hold it,I'm focusing

『墜ちる』

 水無月や 掲げた右手 硫黄島 置いて君だけ 輝きつ波
(みなづきや かかげたみぎて いおうとう おいてきみだけ かがやきつなみ)

→季語は水無月。なぜか同じ六月で硫黄島二部作になりました。内容は、海に落ちる刹那、輝く波間に君を思い出す……的な。ここで使った「置いて」は、「右手」と「君」の両方にかかっちょります。この洒落っ気も全て狙い通りです嘘です。(← できれば戦争モノは戦争モノ、恋愛モノは恋愛モノでまとめてミニ同人誌作りたいのぅ。来年あたり、本気で文学フリマに参戦してるかもです。

【季語】水無月(三省堂 大辞林より引用)
みなづき 2 【▽水無月/▽六月】
〔「な」は格助詞「の」で、水の月の意。田に水を引く月の意という〕陰暦六月の異名。[季]夏。

→ 【次の作品へ
→ 【夏の季語 作品一覧へ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   夏の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・夏その3 『出征』】へ  【回文祭その7 第七回ツイッター回文祭は、んんんんんー?】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・夏その3 『出征』】へ
  • 【回文祭その7 第七回ツイッター回文祭は、んんんんんー?】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。