「回文短歌」
秋の季語

回文短歌・秋その4 『哲学』

 ←回文短歌・秋その3 『夜長』 →回文短歌・秋その5 『敬老』
短歌秋4

『哲学』

 九月照る 太陽超えし 恩師の知の 真教え乞う 酔いたる哲学
(くがつてる たいようこえし おんしのちの しんおしえこう よいたるてつがく)

→回文短歌。季語は九月。九月といえば、読書の秋。読書といえば哲学だよね☆ ……ということで、珍しく『完全回文』で作ってみました!(キリッ 内容は、哲学にどっぷりハマった若者が、太陽よりスゲーと恩師ラブを噛み締めてるシーン。ツイッターでも哲学的呟きをするフォロアーさんがいて、ぢーっと眺めてたらムクムク興味湧いてきたこの頃。ただ残念ながら己の性格上、小難しいことを考えていると眠くな……グゥ。(←早い ※イラストは、哲学の道を歩く回文人形師あまみずさんイメージ。これ描いてて思ったんだけど、トコロテンマンの顔も一期一会っちゅーか、同じ顔にならんのです。今回はモデルのせいか、かなり可愛らしい感じになった。気がする。むしろ猫がry

【季語】九月(三省堂 大辞林より引用)
くがつ ―ぐわつ 1 【九月】
一年の第九番目の月。長月(ながつき)。菊月。色取り月。[季]秋。

→ 【次の作品へ
→ 【秋の季語 作品一覧へ
関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   秋の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・秋その3 『夜長』】へ  【回文短歌・秋その5 『敬老』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・秋その3 『夜長』】へ
  • 【回文短歌・秋その5 『敬老』】へ