「回文短歌」
秋の季語

回文短歌・秋その25 『花茗荷』

 ←回文短歌・秋その24 『地虫鳴く 』 →回文短歌・秋その26 『白露』
短歌秋25

『花茗荷』

 遠い音 花茗荷消ゆ 匂い追い 鬼行き交う黄泉 名は遠い音
(とおいおと はなみょうがきゆ においおい おにゆきかうよみ なはとおいおと)

→回文短歌。季語は花茗荷。「わーい、茗荷! たたみ、茗荷大好き!」という気持ちを込めて、思いっきり暗めにしてみました。シチュエーション的には、好きな人を追いかけてあの世までストーキング的な。ちょい字余りなのはご愛嬌。あと「遠い音」は親回性の高いワードでお気に入りなのですが、この作品では二回言わせていただきました。大事なコトなので二回ry
※イラストは、茗荷……を描こうと思ったんだけど、なんとなくヤマトナデシコっぽい女子の頭に差したら可愛いかなぁとイメージしてたのに、実際はそーでもなかったっていうかむしろキモくなった件。オレ絵の才能ないんかなー。(´・┏Д┓・`)(←キモ絵デフォルト


@twryossy: 【今日の季語983】茗荷の花(みょうがのはな):「花茗荷」「秋茗荷」とも。「茗荷竹」は春、「茗荷の子」は夏の季語になるが「茗荷」そのものは季語としては扱われない。◆物忘れかさなる齢(よわい)花茗荷(神永 保)

→ 【次の作品へ
→ 【秋の季語 作品一覧へ
関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   秋の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・秋その24 『地虫鳴く 』】へ  【回文短歌・秋その26 『白露』】へ
   

~ Comment ~

「那覇の蛾鵜」(読み:みょうがのはな) 

妙画ツインテおにゃのこ、とってもかわいいです。

Re: 「那覇の蛾鵜」(読み:みょうがのはな) 

> 妙画ツインテおにゃのこ、とってもかわいいです。

みょうがの「が」に反応しましたね、分かります。(*回┏Д┓回*)b
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・秋その24 『地虫鳴く 』】へ
  • 【回文短歌・秋その26 『白露』】へ