スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文短歌・秋その48 『鵙の草茎(もずのくさぐき)』 →回文短歌・秋その50 『霜降(そうこう)』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・秋その48 『鵙の草茎(もずのくさぐき)』】へ  【回文短歌・秋その50 『霜降(そうこう)』】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

「回文短歌」
秋の季語

回文短歌・秋その49 『梅擬(うめもどき)』

 ←回文短歌・秋その48 『鵙の草茎(もずのくさぐき)』 →回文短歌・秋その50 『霜降(そうこう)』
短歌秋49

『梅擬(うめもどき)』

 陽の染むる 梅擬 違えた手と手 耐えがたき戦友 瞳潤むその日
(ひのそむる うめもどきたが えたてとて たえがたきとも めうるむそのひ)

→回文短歌。季語は梅擬。モドキさん(物書きクラ)の語源について学べる良いお題やった。「陽の染むる~」と「戦友(とも)」はオレ的テンプレ。「朋友(ぱんやお)」はry 作品のシチュエーションは、戦乱の中で、親友同士が別々の道を歩むという歴史すぺくたくる物。 ラスボスと対峙したら「お前だったのか……!」みたいな展開、ベタだけどいいよぬー。
※イラストは、梅モドキ……というか、樹齢千年の梅の樹の精霊――紅天女――を描こうと思ったら、まんまと太陽の塔モドキになったので、本家さん()にもご登場いただきました。我ながら今日の絵はウメェ……。(←これが言いたかっただけ


@twryossy:【今日の季語1023】梅擬(うめもどき):「落霜紅」とも表記される。名の由来は葉の形の類似から。寄り集まった小さな実が晩秋に赤く熟する。花実ともに白い「白梅擬」もある。◆澄むものは空のみならず梅擬(森 澄雄)
「梅擬」のモドキは《まったく別のものが本物にそっくりである》の意を表す語。雁モドキ・卯の花モドキのように本物を表す名の後に付けて用いる。
モドキは他者の言行を《本来そうあるべきではない》と非難する意を表す動詞モドクの名詞形。そうした状態を側で見ていていらいらする気持を表すモドカシもこの動詞から派生した形容詞。

→ 【次の作品へ
→ 【秋の季語 作品一覧へ
関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   秋の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・秋その48 『鵙の草茎(もずのくさぐき)』】へ  【回文短歌・秋その50 『霜降(そうこう)』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・秋その48 『鵙の草茎(もずのくさぐき)』】へ
  • 【回文短歌・秋その50 『霜降(そうこう)』】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。