回文詩

回文詩その25 『秘密の夏』

 ←回文詩その24 『ミサンガ』 →回文詩その26 『怨念』
秘密の夏

 繋がる手は匂い立つか
 夏の木漏れ日
 唇が毒
 昂まる悔ひ
 ゆっくり解いた肢体と理屈
 指繰る間
 硬く尖る秘地くびれも
 この繋がった庵に果てるか夏

(つながるてはにおいたつか
なつのこもれび
くちびるがどく
たかまるくひ
ゆっくりといたしたいとりくつ
ゆびくるま
かたくとがるひちくびれも
このつながったいおにはてるかなつ)

→埋もれた過去作の回文詩をUPしよー……と思ったら、なんと2011年7月までさかのぼることになりました。ちょうど短歌から詩の方へ好みが変わってきた時期っすな。ちなみにこちらの詩は、某イカの会さんがやられてた『セクシー回文』というお題の名残りでありました。だからちょっとえっちぃのねん……ポッ。
※イラストは、「硬く尖る秘地(ヒゲ)」です。……久々にこーゆー真面目風な回文にアホ絵つけてみたんだけど、これって我ながらどーなんだと思わなくもない……と思って、レイアウトをちょっと変えてみました。上にドーンと絵があるより、下にあった方がまだマシかなと。ね?
(←元々はキレイ系フリー写真をくっつけてたんで無問題でした。あと一文字目がデカくなる仕様への対策として……まあ、しばらここの配置でやってみるぜよ。(* ̄┏Д┓ ̄*)キラーン☆


回文詩25


→ 【次の作品へ
→ 【回文詩作品一覧へ

関連記事



もくじ   3kaku_s_L.png   回文詩
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文詩その24 『ミサンガ』】へ  【回文詩その26 『怨念』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文詩その24 『ミサンガ』】へ
  • 【回文詩その26 『怨念』】へ