スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文短歌・春その19 『大戸屋』 →管理人について
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その19 『大戸屋』】へ  【管理人について】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その20 『供え』

 ←回文短歌・春その19 『大戸屋』 →管理人について
短歌春20
Photo by (c)d'n'c

『供え』

 母と子の 祭知恵餅の 悼みみた 命燃え散り 妻の言葉は
(ははとこの まつりちえもちの いたみみた いのちもえちり つまのことばは)

→季語は知恵餅。子供の13才を祝うイベント……を前に我が子を亡くした夫婦イメージ。お仏壇の前で、ただ言葉を失うばかりの奥さん。その姿をそっと見守る旦那。その後立ち直った夫婦は『大戸屋』になる……と希望的観測。

【季語】十三参り(ウィキペディアより引用)
十三参り(じゅうさんまいり)は、旧暦の3月13日(現在では月遅れで新暦の4月13日)の間、数え年13歳に成った少年少女が元服を迎え大人と成ったことに感謝して、これから先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣する行事。それで別名、知恵詣り、または、智恵もらいとも云う。初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着るが、事前に肩上げをしておいて着用する。帰宅するとすぐにほどく。必ずしも晴れ着でなくて良い。

半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆でしたため供え、ご祈祷を受けて、帰りにはお守り・お供物を頂いて帰り親に感謝を述べる。お守りは身につけるようにする。

参詣の帰路、本殿を出たあと、後ろを振り返ると、せっかく授かった智恵を返さなければならないという伝承があって、狭い長い石段を降リ切った鳥居をくぐるまでは、または渡月橋を渡り終わるまでは周囲の誘いにも動じず後ろを振り向かないで貫き通す習俗がある。【お参りの前に子に教えておくことをすすめる】

空海がそれによって飛躍的に記憶力を増大させたと言われる虚空蔵求聞持法に由来する。また、13歳という年齢が元服の時期と合致するため、一種の通過儀礼として伝承された。

関西では七五三よりも、こちらの方が盛んで、中でも、京都嵐山の法輪寺・奈良の弘仁寺が有名である。 

最近では関東でも徐々に盛んになりつつあり、浅草寺では3~5月にかけて上記と同様の参拝客が目に付くようになった。

※季語サイトさんによると、知恵詣(ちえもうで)、知恵貰い(ちえもらい)も含まれるそうです。知恵餅という言葉は、そうとうマニアックらしい……実際に商品もあって、赤福に似てるという情報が。

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その19 『大戸屋』】へ  【管理人について】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・春その19 『大戸屋』】へ
  • 【管理人について】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。