スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文短歌・春その22 『火の鳥』 →回文短歌・春その24 『赤い花』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その22 『火の鳥』】へ  【回文短歌・春その24 『赤い花』】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その23 『偲ぶ』

 ←回文短歌・春その22 『火の鳥』 →回文短歌・春その24 『赤い花』
短歌春23
Photo by (c)kuracom

『偲ぶ』

 唐突に 花吹雪凪ぎ 取った舵が 尊き亡き父 船場に集うと
(とうとつに はなふぶきなぎ とったかしが たっときなきふ ふなばにつどうと)

→季語は花吹雪。漁師を継いだ息子が、凄腕だったパパを偲んでるイメージ。ちょっと字が余り気味になってしまったけど、内容的には桜と幽霊が絡んでイイ感じ。

【季語】花吹雪(ウィキペディアより引用)
日本では、古来「花」の一語が、特に俳句や和歌の世界においては「桜」を意味する例が見られ、とくに「花吹雪」といった場合には、満開の桜が吹雪のように散る様子を指す。

俳句の世界においては、桜が花吹雪の態で散る様子が、春の季節感(とくに春の終わりから初夏へ向かう時季)の特徴的なさまであるとして、花吹雪は春の季語とされている。

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その22 『火の鳥』】へ  【回文短歌・春その24 『赤い花』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・春その22 『火の鳥』】へ
  • 【回文短歌・春その24 『赤い花』】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。