「回文短歌」
冬の季語

回文短歌・冬その1 『冬霞』

 ←回文短歌・夏その1 『負け戦』 →回文短歌・春その30 『花の山』
短歌冬1

 妻転移 冬霞耐え 永き時 叶えた水が 湯布院で待つ
(つまてんい ふゆがすみたえ ながきとき かなえたみずが ゆふいんでまつ)

→カテゴリ埋めのため、一旦冬に行きます。季語は冬霞。ちと重たい内容になった。冬霞=冷たく先の見えない日々と解釈。ガンで余命うん年と言われてしまった奥さんのため、八方手を尽くした結果、「湯治で長生きしたわよオホホホ」なんて噂を聞きつけ、湯布院に夢を託す旦那の愛……民間療法は、一歩間違えれば悪徳商法なので注意。しかし湯布院って言葉は便利ですわ。冬→ゆふだと、湯布院もしくは湯船しかないという。旧かな遣いオケなら「夕」とかもアリらしい。あとは「主婦」とか「きゅふ☆」とか(←これは無い……けど一応作る。「冬来てきゅふ☆」(←やはりこれは無い
※余談ですが、湯布院の画像を探しているときに見つけたシュールな絵を紹介します。眼福。つ『湯布院尻


【季語】冬霞(三省堂 大辞林より引用)
ふゆがすみ 3 【冬▼霞】
冬にかかる霞。[季]冬。

→ 【次の作品へ
→ 【冬の季語 作品一覧へ

<コメント大歓迎>
一言「読んだよ」でも残していただけると、作者感激してお返事書きます。各作品下のコメント欄か『BBS』もしくは『メールフォーム』へどうぞ。(WEB拍手&ツイッターつぶやきも歓迎)
※作者のプライベートにご興味があるという奇特な方は、日常ブログ『AQの小説裏話&ひとりごと』へ遠慮なく乱入してくださいませ。

アルファポリスへ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   冬の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・夏その1 『負け戦』】へ  【回文短歌・春その30 『花の山』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・夏その1 『負け戦』】へ
  • 【回文短歌・春その30 『花の山』】へ