「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その33 『おにぎり』

 ←回文短歌・春その32 『成仏』 →回文短歌・春その35 『吉野の君』
短歌春33

『おにぎり』

 胃は強し 花月夜きて 下手な味を 皆耐えて虚偽 ツナはしょっぱい
(いはつよし はなつきよきて へたなみを みなたえてきょぎ つなはしょっぱい)

→ギャグ短歌。季語は花月夜。本気で花のバリエーションが尽きたため、今回はゴメンナサイ。うっかり思いついてしまった「ツナ」という言葉のおかげで、かぐや姫パロったラノベ回文に仕上がりました。ラノベによくあるキャラの、殺人的に料理下手なヒロイン(当然超美少女)と、彼女を狙う五人の男子の図。夜桜の綺麗な公園でデートのはずが、「皆も呼んだぉー」とか無邪気に微笑まれて肩落とす主人公。それでも彼女の手作り弁当にワクテカし、かぶりついてみれば……きっと涙が出るほどしょっぱいツナおにぎりなのでしょう。それを笑顔で飲み込む男子たちに涙……(ぇ ※この作品を作ったのは9日です。 ※イラスト提供=M/Y/D/S イラスト素材百科。転載不可

※季語『花月夜』は辞書に出ていないマニアックな言葉のようです。季語サイトを見るに、意味的には桜の綺麗な月の夜という感じで。

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その32 『成仏』】へ  【回文短歌・春その35 『吉野の君』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・春その32 『成仏』】へ
  • 【回文短歌・春その35 『吉野の君』】へ