「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その35 『吉野の君』

 ←回文短歌・春その33 『おにぎり』 →回文他その2 『ロックの世界』(アホ回文詩)
短歌春35

『吉野の君』

 花の匂う 子知る由縁に 縛るるは 死人へ赦し 乞う鬼の縄
(はなのにおう こしるゆえんに しばるるは しにんへゆるし こうおにのなわ)

→季語は、花匂う。こーして花=桜の季語にトライし続ける中、ずっと詠んでみたかった吉野の君……。『なんて素敵にジャパネスク』という、氷室冴子先生の少女小説に出てくるキャラなのですが、自分にとって思い出すと未だに涙腺が緩む存在です。「自分、ハゲ全然いけるな……」と再確認させてくれたキャラでもあります。←(余談ですが、帥の宮とかどんだけイケメソだとしても、吉野の君に比べればry)吉野の君は花のように美しく、儚い人生を送るのです。小さい頃からとても敏い子で、自分の運命を知ってしまってからは鬼となり……うーむ、上手く言えん。(そして長くなる) 当然、この一首で表現なんてできませんよ。とにかく名作なので未読の方はぜし。ちなみに「花→縄」と「縛る」の言葉が入れられたのは、我ながら上手く行った感が。(ドヤ

※季語『花匂う』は、辞書に出ていないマニアックな言葉のようです。意味的には桜が香ることを指すと思われます。
※回文短歌・春その34『花影』は、非常にデリケートな内容(震災関連)のため、掲載自粛いたします。落ち着いた頃に、当時自分なりに考えたことと共に公開させてもらいますので、飛び石になってしまうことをお許しくださいませ。

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その33 『おにぎり』】へ  【回文他その2 『ロックの世界』(アホ回文詩)】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・春その33 『おにぎり』】へ
  • 【回文他その2 『ロックの世界』(アホ回文詩)】へ