スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←寄稿作その11 回文短歌『ハロー』(仮) →寄稿作その12 ほのぼの回文『西瓜畑にて』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【寄稿作その11 回文短歌『ハロー』(仮)】へ  【寄稿作その12 ほのぼの回文『西瓜畑にて』】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その44 『桜餅』

 ←寄稿作その11 回文短歌『ハロー』(仮) →寄稿作その12 ほのぼの回文『西瓜畑にて』
短歌春44
Photo by (c)dreamcat115

『桜餅』

 問う良き子 桜餅誰 ストーブに布 訪れた地も 落差故郷と
(とうよきこ さくらもちたれ すとおぶにふ おとずれたちも らくさこきょうと)

→季語は桜餅。かなりシリアスなシチュエーションになりました。避難所でボランティアとして働く子どもたち。おやつの時間に声を張り上げる。「まだ桜餅もらってない方はいませんかー?」元気な声に、目を細めるお年寄り。ストーブと毛布にくるまって、甘い桜餅を頬張る。逃げてきたのは知らない土地。生きてて良かった、と語り合いつつもどこか寂しい。以前の豊かな故郷を胸に描き、想いは募る……そんなイメージです。ホロリ系。「別に桜餅じゃなくていんぢゃね?」というツッコミは無しで。←

【季語】桜餅(三省堂 大辞林より引用)
さくら-もち 3 【桜▼餅】
和菓子の一。白玉粉・小麦粉を練って焼いた薄皮を二つ折りにして餡(あん)を包み、塩漬けの桜の葉で包んだもの。道明寺(どうみようじ)粉を用いて蒸した皮で餡を包むものもある。[季]春。

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【寄稿作その11 回文短歌『ハロー』(仮)】へ  【寄稿作その12 ほのぼの回文『西瓜畑にて』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【寄稿作その11 回文短歌『ハロー』(仮)】へ
  • 【寄稿作その12 ほのぼの回文『西瓜畑にて』】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。