スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←寄稿作その7 回文俳句『夜中酒』 →寄稿作その8 回文短歌『親子』(仮)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【寄稿作その7 回文俳句『夜中酒』】へ  【寄稿作その8 回文短歌『親子』(仮)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

創作雑記

創作雑記その3 短歌の公募と盗作について

 ←寄稿作その7 回文俳句『夜中酒』 →寄稿作その8 回文短歌『親子』(仮)
創作雑記その3

ただいま個人的に、テンション上がりながらの執筆でございます。
何があったかというと……

 「北川ゆきおさんから、雑記の感想キター!」

しかも「イスケヨリヒメのラノベ、ぐっじょぶ☆」とのこと。
えへ。(*回┏Д┓回*)ゞ

……というのも、まあ嬉しいんですけど。
今回のテーマは、こっち。

 「NHK短歌に、応募したどー!」

……ハイ、超パーソナルな話でスミマセン。
前から挑戦はしてたんですが、どーしても『働く』のお題でつまづいてしまってね。
よーやく出せるくらい気に入った作品ができたので、ネット応募でポチしてきました。
(ボツ作品も、着々とアップ中……腐腐)

しかし『働く』とか『重ねる』とか、こういう抽象的なお題だと素人には苦しいですなぁ。
結局は、その言葉をそっくり使う形で詠みましたが。
季語と絡むお題なら、もうちょっと悩まずにすむんですけどね。

でもこうして、投稿先があるってことは、創作活動の励みになって良いです。
特にネットで気軽に応募できるのは最高☆
今後も締切忘れないように、トップページに情報掲載しよかなーと考えております。

※ちなみに今まで投稿したのは、合計6首。
半月に二つのお題が出て、各お題につき一首応募できる……というルール。
お題以外にも『自由』というカテゴリがあるんだけど、縛られないと燃えないタイプなので(←、そっちは無しで。

最初に出した作品が3月15日締切分で、結果出るのが4月と早いのも魅力。
回文縛りのマイルールもあるし、当分は箸にも棒にも引っかからないだろーけど、まあ出すことに意義がある!
……小説の公募でも同じこと言ってるんだけど、やはりあっちは気軽に出せないんだぬ。(´・┏Д┓・`)


とりあえず今年の目標は、年末に募集がある、

 『作並温泉の回文公募』

なので、それまではNHKさんでコツコツ修行させていただきまする。

で、作並といえば思い出す、盗作の話。
回文神・北川ゆきおさんのサイト『北川ゆきお~ 回文短歌の小部屋』でも、盗作問題について報告があるのですが、どーやら他にもいろいろ発生している様子……。
特にNHK短歌さんなんかは、

 『ネットで気軽に応募=ネットで気軽に盗作』

という、ありがちな構図が容易に想像つくわけです。
オレみたいな健全創作者的には、迸る熱いポトフのごとき(←オマージュ)情熱を、オリジナル作品として昇華させることに意義があると思ってるから、ちょっと理解不可能。

でも中には、あまり罪悪感などなくパクってしまう方もいるんだろーな。
たぶん「すごーい☆」と褒められることが気持ち良くなっちゃって、もう自分じゃどーしよーもないのかも。
オレも作った回文はすぐツイッターでアップして、「ねー見てー」って言いたい方だからさ。

そうやって、ツイッターで呟いている多数の方々、特に短歌を詠んでる方のレベルの高さといったら!
ときどき『#tanka』と『#jtanka』で見に行ってみると、ものすごい数の歌が並んでて、次々更新されてるんですわ。
素人だけに素直に感動して、「コレどっかの賞に送った方がいんじゃね?」と思うこともしばしば。

だからこそ、盗作にあわないかどーか、そわそわしてしまう心配性なオレ。
引っくり返せば、己自身もヒトサマから「お前盗作してるんちゃう?」という目で見られてるんですよね。

実は今回の応募にあたり、その辺の探り入れるべく、問い合わせメールを送ってみました。

 ◎-◎-◎-◎-◎

Q.応募要項には『未公開作品』とありますが、ホームページや同人誌で発表した作品はどうなりますか?
A.「えっと……ご、ごめんなさいッ! ダメなんですッ!」←

 ◎-◎-◎-◎-◎

わざわざご丁寧にも、お電話で連絡いただいたところがまた、NHKさんらしいです。
担当さん、どうもありがとうございました!
でも最初は知らない番号だし、普通にスルーしそうになったぉー。スンマセン。

この問題については、担当さんもハッキリとは言えないのか、奥歯に物が挟まった感じだったんですけどね。
こちらが勝手に解釈するに、どーやら盗作問題で大変っぽいのです。
じっくりコトコト選んだ作品にも、視聴者の皆さまから「それ、どこそこで見かけたYO!」と厳しいチェックが入るらしくて。

伝統あるこの世界で投稿活動されてる方なら、皆さん目が肥えてらっしゃるベテランの方が多いわけですし。
選ばれた作品でネット検索して、もし似たようなのがヒットしたら「すわ盗作か!」と思うのもワカル。

実際オレも『回文サイトリンク集』作ろうと思って、せっせと回文サイト見てるとき「あれ? これってもしや……」と思うことがありました。
特に、最近更新が滞ってるサイトさんの中に、『フレッシュな回文』としてツイッターあたりで出回ってる作品もあったりして……。

全く同じだとしたら、『その方ご本人が、ペンネーム変えて活動してるのかも?』なんてポジティブな想像もできるんですが。
一部語尾とか変わってたりすると、なんだかもやもやしてしまいます。
特に回文の場合、ネタ被りしやすいので(桜→落差とかテンプレだし)、証拠が無い限りなんとも言えない。

万が一盗作だったとしても、ツイッター程度なら……いや、ツイッターだとしても許せん!
それ以上に、ヒトサマの作品で公募出して、あわよくば賞取ってなんて、絶対許さんぜよ!
(昨今そういう事件もあったけど、子どもさんが犯人だったりすると切ないぬ。もっとネットリテラシーの教育充実させて欲しいぉー)

こういう話はトクベツなことじゃなく、小説でも絵でも、なんでもありうること。
特にオレが住んでるオンノベ(ネット小説)の世界なんかだと、残念ながら定期的に発生します。

ただ小説より、短歌や俳句の方が、パクリパクラレやすいのは事実。
NHKさんのような、大量の投稿が来る公募主催者さんも、きっとピリピリしていることと思います。
ちゅーことで、わざわざ電話代使って教えてくれた有益情報、せっかくなのでもっと広めたいなと。

言いたいことも言えない、こんなポイズンな世の中ですが(←オマージュ)、オレは声を大にして言いたい。

 「盗作、カッコ悪い!(キリッ」

作った作品は、オリジナルだとしても一応ネット検索しませう。
そして短歌俳句系の場合、一旦誰かに伝えた作品は『公開』とみなして、公募には出さないが吉。

以上、皆ちゃんと守るよーにネ。(*回┏Д┓回*)b ←お前モナー


→ 【次の記事へ
→ 【創作雑記一覧へ

関連記事



もくじ   3kaku_s_L.png   創作雑記
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【寄稿作その7 回文俳句『夜中酒』】へ  【寄稿作その8 回文短歌『親子』(仮)】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【寄稿作その7 回文俳句『夜中酒』】へ
  • 【寄稿作その8 回文短歌『親子』(仮)】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。