スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回文短歌・春その47 『初恋』 →回文短歌・春その49 『万愚節』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その47 『初恋』】へ  【回文短歌・春その49 『万愚節』】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

「回文短歌」
春の季語

回文短歌・春その48 『四月馬鹿』

 ←回文短歌・春その47 『初恋』 →回文短歌・春その49 『万愚節』
短歌春48
Photo by (c)fukapon

『四月馬鹿』

 四月馬鹿 「子どもみたい」と 抓りけり 熱と痛みも 何処か恥づかし
(しがつばか こどもみたいと つねりけり ねつといたみも どこかはづかし)

→季語は四月馬鹿。そんな季語もあるのね。また可愛い恋愛短歌になったぉ。四月一日、好きな男子に些細な嘘をつく女の子。「子ども」と頬を抓られて、カーッと紅潮してしまう乙女な彼女。「痛いなー」なんて言いつつもキュン☆ ……はい、はづかしすぐるリア貧の妄想暴走乙。この作品は季語が最初の五文字にぴったしハマったので、作るの楽でした。サラッと作れたのほど、印象もナチュラルになるの法則。

【季語】四月馬鹿(三省堂 大辞林より引用)
エープリル-フール 6 [April fool]
(1)四月一日の午前中は、軽いいたずらでうそをついたり、人をかついだりしてもとがめられないという風習。一八世紀頃から西洋に起こり、大正頃から日本にも伝わる。万愚節。[季]春。

(2) (1) の日にかつがれた人。四月馬鹿。

→ 【次の作品へ
→ 【春の季語 作品一覧へ

関連記事



総もくじ 3kaku_s_L.png 【回文短歌】
もくじ   3kaku_s_L.png   春の季語
<ささやかなお願い>
このサイトの作品を気に入っていただけたら、ぜひ投票してくださると嬉しいです。(1日1回)
FC2ブログランキングへ投票 にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ投票 人気ブログランキングへ投票

アルファポリスへ

【回文短歌・春その47 『初恋』】へ  【回文短歌・春その49 『万愚節』】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【回文短歌・春その47 『初恋』】へ
  • 【回文短歌・春その49 『万愚節』】へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。